常に進化する画像ビューワー
「NeeView」で快適に画像を閲覧しよう!

ソフトウェア
常に進化する画像ビューワー「NeeView」で快適に画像を閲覧しよう!
常に進化する画像ビューワー「NeeView」で快適に画像を閲覧しよう!

画像ビューワーは何をお使いですか?

Windows標準のものをお使いの方も多いのではないでしょうか。WindowsXPのビューワーはそこそこ良かったのですが、今のフォトアプリは個人的にいまいちな気がします。

そこでいろいろな機能があるうえ、今も使い勝手を突き詰めて課題をどんどん解決していっている、無料の「NeeView」というソフトを紹介します。
PDFやZIPも開いて閲覧することが出来ます。

NeeViewのダウンロード

以下のリンクを開いてください。

neelabo / NeeView / wiki / Home — Bitbucket

少し下の「ダウンロード」からお好きなものを選んで、リンクを押してください。わからない方はインストーラー版がオススメです。
(画像とは日付やバージョンが違う場合があります)

保存または実行してください。インストーラー版の方は実行でよいと思います。
(画像はEdge、画像とファイル名やサイズが異なる場合があります)

下のような画面が出た場合は、「詳細情報」を押してください。この画面が出るのが嫌な方は「Windows ストア」から入手することをお勧めします。

「実行」を押します。

ここから先はインストーラー版の解説です。それ以外の方は次の項目「NeeViewの使い方」をご覧ください。
インストーラーが起動したら「次へ」を押します。
(画像とはバージョン数が異なる場合があります)

標準でよいと思います。

「インストール」を押します。

「ユーザーアカウント制御」という警告が出たら「はい」を押してください。
インストールが終わるまでお待ちください。

「完了」を押します。

以上でインストールは終了です。

NeeViewの使い方

スタートメニューの「NeeView」を押します。Zip版の方はexeを起動してください。

下のような画面で起動すると思います。

エラーで起動しない方は以下のサイトを参考に最新の「.NET Framework」をインストールしてみてください。

.NET framework のインストール ガイド
Windows に .NET Framework をインストールする方法について説明します。

ファイルを開くにはファイルをソフトにドラッグ&ドロップするか、メニューの「ファイル」→「開く」からファイルを開いてください。
PDFファイルや画像を圧縮したZIPファイルも開くことが出来ます。

→キーで前のページ(画像)を、←キーで次のページを表示します。
(キー入力はコマンド設定で変更できます。詳しくは「NeeViewの設定」をご覧ください)

本棚マークを押すと本棚が開きます。

「・・・」マークを押すと本棚の表示方法を変更できます。オススメはサムネイル表示です。

(サムネイル表示)

ツリービューボタン(三つの四角が線でつながれたボタン)を押すと、エクスプローラーのようなツリービューが表示されます。

ページリストボタンを押すと、選んでいるフォルダやPDF、ZIPファイルの中のページの一覧が見れます。

ページリストもサムネイル表示できます。

NeeViewの設定

NeeViewは設定項目も豊富です。一部をご紹介します。
メニューの「オプション」→「設定」で開きます。

全般
一番下にある「エクスプローラーのコンテキストメニューに登録」はオンにすることをお勧めします。
オンにすればPDFファイルやZIPファイルを右クリックして、NeeViewで開くことが出来ます。

起動設定

表示(見た目などを変更できます)

マウス操作

コマンド設定
変更したいコマンドをダブルクリックするか、選んでエンターキーを押すと変更できます。

以下の画面が開くので、「ここで○○入力」をクリックして、それぞれキー入力かマウス入力をして「追加」ボタンを押し、最後に「OK」ボタンを押します。

コマンドが競合(同じキー入力かマウス入力が2つ以上ある)していた場合、入力の左横に黄色の!アイコンが付きます。
競合を解消するには競合の解消ボタンを押して、実行するコマンドを選んで「OK」を押してください。もう一度、コマンド設定画面の「OK」ボタンを押すのも忘れずに。

タイトルとURLをコピーしました